企業情報|東京都板橋区のタクシー会社「光洋自動車株式会社」

WORKタクシー会社の仕事

タクシー会社の仕事

タクシーの仕事は一言では言い表せません。
「運転」は仕事の一部であり、その他の大部分はお客様へのサービスになります。
ブレーキへの配慮、車内の空調管理、最短経路、さらに環境への配慮など、気にかけるべき項目は多岐にわたります。ですが、一つ一つ着実にこなしていけば、何も問題ありません。いつか必ずプロとしての自覚が芽生えてきますので、努力を惜しまないで下さい。

経験がないところからスタート

タクシードライバーは中途採用も未経験者が多くを占める業界です。その分、各社とも未経験者でも安心して始められるサポート体制を整えています。
応募資格は「普通免許取得後3年以上経過していること」という一点のみ。ぜひこの機会に、現代のタクシードライバーがどんなお仕事なのかを知っていただき、転職先の一つとしてお考えいただければ幸いです。

タクシードライバーというお仕事の魅力

  • ストレスフリーな環境

    ストレスフリーな環境

    一度車に乗って業務を開始すれば、事務所に戻るまでは一人で業務に集中できる仕事。
    人間関係や、社内のしがらみなどとは無縁の労働環境で仕事ができるため、ストレス少なく働けます。

  • 定年なんて関係ない

    定年なんて関係ない

    タクシードライバーの仕事は、渋滞時の抜け道や急なトラブル対応など、やはり経験がものをいう職業です。
    そのため、ベテランドライバーの存在は会社にとっても財産であり、健康な限り仕事を続けることができます。
    定年もなく、安全運転ができる限りは、働き続けることができます。

  • デビューに年齢は関係ない

    デビューに年齢は関係ない

    40代、50代でも未経験から挑戦できるのも、この仕事の特徴です。
    安全運転を徹底できれば、同じ業界での経験も不要です。

  • 実は、自由な時間が多い

    実は、自由な時間が多い

    タクシー業界は勤務時間が長く、その分しっかり休息日も確保されています。
    そのため、一ヶ月の乗務回数だけで言えば、平均して11~13回くらいです。

  • 国家資格もある。幅広いキャリアパス

    国家資格もある。幅広いキャリアパス

    現代のタクシードライバーは単なる運転手ではなく、幅広いサービスを提供するプロドライバーです。
    そのため、最近ではキャリアアップの道も幅広く開けています。

    ●東京観光タクシードライバー認定資格者
    ●個人タクシー
    ●ハイヤー乗務員
    ●役員付運転手
    ●タクシードライバーの管理者(運行管理者)
    など

自由に選べる勤務体系

隔勤の場合

早番 6:00~8:00の間に出社 ⇒ 11:00~翌2:00の間に退社
※実働14.25時間、休憩3時間
遅番 9:00~13:00の間に出社 ⇒ 2:00~6:00の間に退社
※実働14.25時間、休憩3時間

日勤の場合

6:00~8:00の間に出社 ⇒ 15:00~17:00の間に退社
※実働7.4時間、休憩1.5時間
18:00~19:00の間に出社 ⇒ 翌3:00~4:00の間に退社
※実働7.4時間、休憩1.4時間

1週間のスケジュール例

出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 公休

Point1

出勤日翌日は必ず明け休なので、体に負担を掛けずに働けます

Point2

過労による事故を防ぐため、ドライバーの労働環境・労働時間には特に気を配っています。
そのため、無理な走行を強いることは一切無く、ノルマもありません。
3時間の休憩・仮眠を徹底し、法定外の残業も禁止しています。

1ヶ月のスケジュール例

出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 公休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休
出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 公休 公休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 公休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 公休
出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 公休 出勤
(8:00~翌2:00)
明け休
出勤
(8:00~翌2:00)
明け休 出勤
(8:00~翌2:00)
       
出勤日 休み 実働時間
13日 18日 185.25時間

Point3

シフトの調整により、連休も簡単に取得可能!
一日の労働時間が長いので出勤日数自体が少ないのもタクシードライバーならではです。

あるタクシードライバーの年収例(年収498万円の場合)

あるタクシードライバーの年収例(年収498万円の場合)

Point4

個々のペースに合わせて自由に働き方をコントロールできるのも、タクシー乗務員の魅力。
「今月は乗車率が良くて歩合が結構もらえそうだから、シフトを減らそう。」「深夜の時間帯を増やして短期集中型で稼ごう」など、あなたに合わせた働き方が可能です。